だからあなたも生きのびて L4D2

L4D2のプレイ時間だけが長くなって、そろそろ別アカウント・・・?
いや、まだ大丈夫。と、勇気が持てるブログ。
下手の横好きとはこういうことさ。

コソ練習

わくわくウィッチング

思い出します。あの日を。

決して怒らないであろうと思われていたフレンズの一人を
怒らせたあの日。

それはサクリファイス。
それは砂山の前。

ウィッチを撃つよ、とのことなので、援護できる位置についたつもりが
見事にハンチングの射線上。

イッツマイバッド。


しかしながら、
以後もイマイチわからない。



撃つよと言われて、まだ雑魚もワチャワチャいて
特殊も来るであろうと思われて
まぁ、多少雑魚に殴られても、ウィッチやら特殊やら、
そもそもの標的担当の人のカバーやらをカバーしたいけども、
ボコポコ殴られるもんで、ちっともカバーになってなくて、
「撃てよ!」っていう。そういう。  ね。


ようやく配信などで見てはいつつ、どこにあるのか分からなかった
ウィッチ処理練習マップをゲット。



はいはいはいはいはい
おーけー、おーけー。みなまで言うな。

日頃ショットガンを持たない私が何の練習か、と。
そう言いたい気持ちは、痛いほど分かるよ。

いいじゃないの。
いいじゃないのよう!

始めたばかりのあの頃。
キャンペーンばかりやっていたあの頃。
私はショットガンが好きだったのよう!

なんていう名前か覚えられないけれど
ちょっとこう、あの太いヤツ。
あれがよかったのさ。

クロムもポンプも細いんだもの。



なんちゅーの。なんちゅーの。

落ち着いて撃てば撃てるウィッチさんなの。
だけどもいざとなると、
撃つ瞬間にマウスがビクゥッ!なるの。


witch-kanoco-blog
ハッ!ってなるのはこっちの方なんだぜ。うぃっちたん。


大事な時に言いたい事が言えない世の中(ポイズン)と同じなの。
情けねぇ話だがね、シカゴ並みに素直になれないんですよ。

おっと、こいつぁ、昨今の若人たちには伝わらないかもしれないな。
お前さんがた、ロックを語るなら、ロックな人生を送るなら、
通り一遍は聞いておきたまえ。

ん?あたしかい?
あたしゃ語らないかわりに偏らせていただいているよ。


ほーんとね、知らないの。音楽を。
ごはんやさんで有線流れてて、
「あ、これホルモン。」って言われて
これはラーメンですよ?と口に出さなかったのは処世術。
「あー、マキシムザなんとかだね」
と、脳内に浮かべていたビジュアルは多分いきものがかり。
ちなみに私がやりたがったのは花係or級長。


何の話だっけ。

ああ、ウィッチね。

そんなわけで、いつかウィッチをアレしてウキウキできるように
練習だけしとく宣言なんですよ。


大事な事は人任せ。
それも生きる道。ウィッチ処理練習については



ぷに毛ってどこの毛のこの記事!


ありがとうありがとう。

毛がはえた。

わかったよ!中段の入り方。



帰宅後、穴から落ちてはnoclipで戻る、という
反復運動をすること小一時間。


さすがの私も気づいたよ。
あまりに不毛である、と。

飼い犬と公園へ遊びに行き、
「ボールとって来い」をすべくボールを投げるのだけども
チャッピーが反応してくれず、何度も自分でボールを拾いに行く
そんな不毛さ。




Hairless
アメリカンヘアレステリアさん。不毛であります。
ボールは取ってきてくれるかもしれません。



でも、できたかったので、優しいフレンズに教えていただきました。
ありがとうありがとう。


たしかに「前に進むだけ」でした。
何度もやってみて、ちょっとできるようになって練習終了。

しかしながら、その後の対戦では見事にポロリ。



その様は、ただ単に無用心に穴に飛び込んだ人でしかなかった。
幸い不意打ちになったのかなんなのか、惨事にならなかったけれども。
テヘヘヘヘ。

だいたいの角度はわかったから、
もうちょっと練習だぁね。



「あ、じゃ、私中段に入るんで、降りてください」
なんてことを言ってみたいもんです。



続きを読む

ちゅーだんちゅーだん

中段に入ろうと思うと入れず、
スルッと降りようと思うと中段でひっかかる。

そんな日々。

あの穴の周りにはなんぞ磁場でもあるのでしょうか。

そんなダークカーニバル。



今夜はこっそりと、中段に入る練習でもしてみようと思います。

しかしながらここでひとつ気がつきました。

あっこでさ、スモーカーしゅるる、となった場合。
よく助けていただくの。中段の人に。

ジョッキーもチャージャーもしかり。


・・・果たして私がその役をできるのだろうか。


1マガジン打ち切って、ようやく解けるか解けないか。
そんな私に。
プロフィール
かのこです。

L4D2をやっています。
プレイ時間と腕前のギャップに定評があります。基本の知識がなってないみたいです。

最近、このままじゃ遊んでくれる人がいなくなりそうな気がするので、焦って練習をしていますが、一朝一夕にはいかないようではがゆいところ。

ごめんなさい。でも、あたい、やめない!
steam ID
道連れライター
miaさん。
どうもどうもmiamiaと申します。

いるだけで負け確、勝率3割いるだけで罪と罵られながらも、日々ゾンビを殺めております。
特技はすぐ立ち直ること。
立ち直ったところを起き上がりジョッキーもってかれて豚くらってスピふんじゃうドMプレイヤー。
最新コメント
押したらだめ。
記事検索
QRコード
QRコード
ブログランキング
人気ブログランキングへ



PCゲーム全般・攻略ブログ
  • ライブドアブログ