smoking





このブログをはじめた時にも記述がございますが、
とにかくあの愛のトンネル途中の穴から飛び降りるとこ、
苦手なんです。
見えてる穴範囲と実際の穴部分が感覚的に全然違うの。
穴がね、私をはじくんですよ。
ふちの部分がくるんくるんと。


だもんで、取り残し喰らうことが数知れず。

ですので、中段に入る練習などもしたわけですが、
成功率はあまり高くありません。練習の時は大丈夫なのに。
運良く中段に入れても、狙ってきた特殊を処理し切れません。

というわけで、中間地点係をやらせていただくんですがね。

その日は特殊2残ってるだけだから、
もしかしたらスルっと降りるんじゃないかとテテテと先行するも
慌ててバック。
気づけば入り口の沸き防止係。

「降りますねー」の言葉に急いで降りようとしますが、
例によってツルンツルンとはじかれます。

そして、シュルシュルルと、スモーカーに拘束。
やられちまつたかなしみに。




続いて、感染者ターン。

メンテナンスルーム入る前のとこで沸きそこなった私はスモーカー
これはまずい。まずいがチャンス。

きっと生存者は急いで降りるはず。
するってーと後ろが幾ばくか無防備になるはず!

いつも沸くのが少し遅くて失敗するので、
死んじゃったらごめんなさいだけど、ということで気持ち早めに沸いてみたら
これが成功!

目には目を、歯には歯を。舌には舌を。

わざわざVCで「やーったー」と言ったほどにハンムラビ。

うれしいすな。こういうのって。