なんにーもしていないのに、なんだか疲れてしまった日ってありますね。
昨日がまさにそうでした。
日付変更とともに寝るなんて、珍しい。




さて、きのうは久方ぶりのフレンズたちと、
みあさん(最近ちっとも書いてくれない)と
デッドセンターで対戦しました。


いっやーーーー、ほんとにね、遊ぶマップにどんだけ偏りがあるのだ、と。
対戦をする前に300時間だか400時間だかキャンペーンをしていた私ですが、
その時からデッドセンターは嫌い。


セカンダリの武器しかないし、燃えてるし、細いし、暗いし、コーラあるし、
エスカレーター上り下りしてるうちにどこにいるかわかんなくなるし。
ガソリン運ぶの大変だし、フィナーレのセーフゾーンがトラウマだし。

torauma
トラウマ

行く先々で、メイツとはぐれておりました。
仏のようなメイツたち。
「なにやってんねん」とか言われませんでした。
いやでも、あの、ほんとご迷惑をおかけいたしまして。


コーラゾーンでのタンクなんて、あたい初めてだったよ。
いったいどうするのが良かったのだろう。


「あそーか!これ、スモーカーとっとけばよかったのか!」
って、すっかり煙も落ち着く頃に気づいたりとかね。

ここでいいのかのう・・・という躊躇

攻め遅れ

無駄死に

沸きズレ

というのもたくさんありました。





そして、最大の過ちはやはりフィナーレに。


開幕タンクのとき、こないだセーフルームに片足つっこんでて
攻められ放題をしてしまったので、
今回はいつものようにトイレ前あたりでひっそりしている計画だったのです。

しかし、前回の失敗を回顧していた間に、「前へ出るよー」っていう
メイツの発言があったみたいで。^^

えへへえへへ。本当にごめんなさい。聞いてなかった。

全滅こそありませんでしたが、
ぬくぬくと廊下にいた私が実体力を残した以外は、皆仮体力に・・・。

えへへ。えへへ。


さらには、最期の感染者側の時、スカベン時のタンクが私だというのです。
上に行くんだっ、という声は今度は聞こえました。
しかし、上ってどこ。どこまでいったらいいの。

とりあえず目の前にあったラダーを上れるとこまで上ってみました。
あらいい景色。






で、っていう。どうしたら?



なんでも、ガソリンを詰めてるときに、ボコーンしに行くのが良いそうなのです。
しかし、ジャンプすれどもすれどもガラスの柵を越えられません。
ガソリンが注がれていきます。

なんで超えれないのー。と思ったら、1階に着地していました。
ガソリンは注がれたあと。確実に「今じゃない」タイミング。

うわぁあああ、どうしよう、殴るしかない、殴るしかない。
困った時はみあさんだ、ってばーちゃんが言ってた。
ごめんよみあさん、殴っちゃうよ。

殴れそうな人を追いかけて、殴ろうとするうちに、周りのメイツが
すっかり拘束などなどしてくださってたみたいで、無事、逆転阻止。
こころよりありがとう。



本当に、あいかわらずな私であることよ。

あれだね、たまにはいろんなマップで遊んでおくべきだーね。