だからあなたも生きのびて L4D2

L4D2のプレイ時間だけが長くなって、そろそろ別アカウント・・・?
いや、まだ大丈夫。と、勇気が持てるブログ。
下手の横好きとはこういうことさ。

節電になるかどうかはさておき

今日は、悲しい事象が進行中です。

朝、私は朝ごはんをモグモグしつつ、フレンズのゲームを観戦してたのです。
対戦の途中で出勤かなー?と思っていたのですが、
思いのほかテンポよくチャプターが進んでいきます。

というか、アレなのよね、お上手な人というのは走れるとこはガンガン走るので
進行スピードが速いの。

フレ戦の時はもう、ほんと中指が痛いちゅーほど押し込んで走っています。
それでも遅いのだけど。;;

接戦で、コーヒーを淹れつつ楽しく見てたらフィナーレ。
そこでハタとするのが「あ、また化粧忘れてる!」。
感染が殺されるとビューラー次の感染が殺されたらマスカラ、
うん、この感覚は「いま全滅してるからランできるよー」
っていうアレだ。

おかげさまでggを発言するころには顔は完成し、
髪は手抜きのひっつめスタイルで出発。

んで、道中気になったの。

ガス止めたかしら、とかエアコン消したっけ、的な感覚においての
L4D2落としてきたっけ。。という不安。

ただでさえ、プレイ時間ばかり伸びているとゆーのに。
帰るころにはさらに10時間以上追加されてることが確約されてしまうのです。

会社に着き、急いでPCを立ち上げ自分のIDページを検索。





アアアアアアアアアアアアア!




やっちまっただよ。10時間いただいちゃったよ。

一説にはもうこの期に及んでプラス10時間も20時間も変わりゃしねぇ、とも。


ちぇぃー。






なんかね、1対戦終わるとすぐゲームを落としているフレンズを見ては
アレ・・・もう今日はやらないのかしら。とショボンしてたもんなのですが、
そういうこまめな切断を日ごろからしていれば、していれば。


どうも人より上達が遅い気がしてならない方がいらっしゃったら、
ぜひぜひこまめにL4D2は閉じるのをオススメします。
チリも積もれば1200時間なのです。


初心者と初級者の壁

やるべき仕事はあるんだがね、
これやっちまうと今週がまた暇だらけになってしまうので、
あとにまわそう。


そんなわけで第一回LTLも終了しましたね。
お疲れ様でした!

今も変わらずそういう要素はありますが、
以前に比べれば格段に配信動画を見ていて解るようになりました。

かつて剣道部マネージャーというのをしていましたが、
最初は「メーン」つっても当たってるところが見えませんが、
音はしたので当たったんだろうな、ってな感じだったのが
「コティッ」つってポイント稼ぎなコテに入ったのも見えるようになった
あの感覚を思い出します。

マネージャーつっても、マネージャーの仕事だった道場の掃除、
手ぬぐいの洗濯、下駄そろえ、笛ふき、等々を
優れた当番表制作によりすべて回避したという実績をのこしたのみであります。
バスケ部を見に行けるお茶作り、薬局への買出しはきちんとやりました。

とりあえず、コソ練習はしつつ、動画を見て勉強した気分になっていこうと思います。



そして発表された2ndシーズン プライマリーイベント
一抹の期待もむなしく、実質プレイ時間、対戦回数ともにオーバー。

そして発表された2ndシーズン プライマリーリーグ。
一抹の期待もむなしく、実質プレイ時間、対戦回数ともにオーバー。

ど、どうせスケジュールわかんないしっ。
とかね、言い訳も虚しくね。


ハイ。応援勢として頑張りたいと思います。



さてー、この土日、コソ練をしては実践、と交互にやっておりました。
そこでつくづく感じたのはー、
先行する人の雑魚処理ってホント大事。ってこと。

すなわちそれは私の課題でもあるわけなのだけれど、
日ごろフレ戦に混ぜてもらってる人たちは
いとも簡単に雑魚処理しながら前へ前へ、とやっているんだな、と。

野良でやってみると、先行してくれるのはいいんだが、
後ろ二人がえらいことなってますけど…てな状況になりがち。

気のせいでしょうか。雑魚ゾンビたちは1人目で「ハッ!」ってなって、
2人目に飛び掛っていこうとするも、走り去られちゃったもんだから
3人目4人目にワラワラ来ませんか。

愛のトンネルあたりがとりわけこの事象を感じるロケーション。
「とりあえず、置いてかれんようについていくんだっ」っていう状況は、
ゾンビが少ないのではなく、前を行く人の処理のおかげさまなのだと
感謝感謝。

かたや、私も自分の周りのでせいいっぱい、いや、それすら手が回らない感じなのに、
もう一人が座り込んで雑魚に絡まれているのがチラチラ見えていたりして。
この私が人の雑魚処理の手伝いをこのような形でするなんて世も末なのだ。

ここのところね、意識をしているのは頭を狙おう、なのです。
ええ、ええ、今更ですよええ。ええ。

けどもよう、ずっと頭当たらんかったんだわ。
だもんで、面積の広いところすなわち、お腹あたりを狙いがちだったの。
しかしそーすっと弾を消費しがちで、リロードかんじゃって減る、みたいな。

レティクル表示を変えたりしてみた現在、
やっぱり頭にはなかなか当たってない気もするんだけども、
前よりはきっと絡まれなくなってきたはず。はず。

なんつーんでしょうねー、上級者になりたいってことでもなく。
人畜無害じゃ困るわけですが、
たまにはやらかしますが、まぁ許容範囲ですよプレイヤーになりたいんですよ。

昨日はね、ちょっといいとこもチョコチョコあったんです。
割と“なむさん”ではなく、これは当たれる!っていうのとか。

ただ、
「ああ、今は行かないべきだったな。。」というのがそれを上回る回数。

自分で気づけるようになってるのは進歩っちゃ進歩なんだけども…。
事前に気づけ、と。

自称中級者の日はいつになりますやら。


コソ練の成果はー

 生存:そこそこ動きがスムース(オブジェクトに引っかからない的な意味で)
    
 感染:ハンターがまっすぐ以外も飛べる(ことがある)ようになった。
    ちょいと厄介な沸き場所へも移動できる(ことがある)ようになった。


・・・くらいです。いいじゃないのさっ。。

脳みそ、少し、回る。

昨日は1戦ほど。

点数は近かったですが、負けてしまいました。
チームメイツのお三方には、本当に助けていただき、ありがとうございます。

「周りは見なくていいから!自分の事だけ集中すればいいから!」
この言葉に両面から感涙。
ありがとうよ。と、ごめんなさいね、と。

舞台はダークカーニバル。

思い出していきましょう。例のごとくあんまり覚えてないけれど。
とにかく私はエリスについていけ、との指示。ラジャー。

しかし見失う見失う。

最近ね、ちょっとジョッキーが乗れるようになったの。
ジョッキーもハンターとおんなじなのか、なんなのか、
ちょいと手前気分くらいが程よい乗り心地になる気がするのです。

あーそうだ。タンク回ってきたんだよ。1チャプで。
崖前のタイミング。
モロは持ってるわ、ポリ缶いっぱい落ちてるわで、
「これはゴーゴー?行くしかない?」つってゴー。


そしてノーパンタンク。


まったく近づくことすらできぬまま。
多分、それって、他の特殊のみんなのうれしい時じゃないタイミングで
私が出ちゃってるからだよねぇ。

まっすぐ向いて移動するよりちょいと斜め視点で動くと
生存者からするとどっちに来るタンクなのかわかりにくくて良いよ、
という話を聞いているので、体を斜めに動かそうとするのだけれども

ここで問題発生。


自分もどこに行きたいのかわからなくなる。


むむーん。練習するですなー。


セーフルームの奥から、沸き防止に来る前にチャージャーでダメージ!と
飛び出したんですけどね、その時、
あ、これゼロチャーなりそう、と思ったのでパンチ入れてからチャージしたの。

でも、その後パンチするとやっぱりチャージャーも次の行動が遅くなる、
っていうのも聞いたので、よかったのやら悪かったのやら。


そうしてチャプ2。
何があったっけー。
あーそうだ。久しぶりにポトリを。
ハシゴ上の攻めポイント、私はスモーカーで、奥の屋根の端っこで構えていたのです。
キワッキワのこのあたりだと、たしかスモだけでも落とせるはず。と。

チマチマ移動させて、ヨシ、ばっちこい!
と視線を上げたらもう上ってこようと、いや、もう上ってきていたの。

ヒィ!沸けなくなるぅ!

チロチロ動きつつマウスを連打してたら沸けたのです。
お!沸けた!チャーンス!




なのにね、次の瞬間、私の目の前には板壁。
足元はアスファルト。

沸けちゃったスモーカーは、ぽとりと地上に舞い降りた天使だったのです。
「あ。。。。ごめんなさい。。。」

確か、あの時は二人くらいブー汁がかかっていたから、
とってもチャンスだったはずなんだー。
それを思ったらもう、穴がなくても入りたい気分で。


そのあとのチャプ2はあんま覚えてないや。。ショックがでかかった。


チャプ3はね、ミスったのだけどいいことを覚えました。
チャージャーがいない開幕。

私はハンターだったのです。
「構成弱いなー」とメイツがおっしゃって、
(うむうむ。あたしゃどうしたらいいのかし…)
と思ったらブタさんがはじけた音が。

ありゃ!即行なのか!と、急いで沸いた瞬間、気づいたの。


あ!豚は潰しだ!


行くしかなかろうとなむさんハンターをするも、案の定すぐに昇天。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
でも、これに気づけたのは成長なの。ごめんなさいごめんなさい。

もう出てきてるのに、離れたとこにいて、不思議ではあったんだー。
ほんとにもう、気づきが遅くてお恥ずかしい。


コースター途中のとこで、うーっかり沸いてしまったスモーカー。
でも、これはラッキーうっかりでした。
ここはどこじゃい、とキョロキョロすると、
屋根つきのとこから出てくる下り坂を狙える位置。


待つべし待つべし。

これがいい具合に吊ることができまして。
お気に入り沸き場所ができました。


チャプ4はー、そうだ。ここはナイスジョッキー。
セーフの屋根上には、何度かトライすれば登れるのだけれど、
せっかく上ったのに、みんな注意してるからすぐ撃たれてしまうの。
それは悲しいので最近は1トライしてだめだったら、地上沸きに切り替えています。

フェイクの飛び出しにつられないよう、ジリジリしながら、
出口横の縁石に身を潜めておりました。



これはー、フェイクだろう。

これもー、まだでないでしょ。

これはー・・・でちゃった!ヒィ!沸けない!


あばばばばばばば、とあわてましたが、ガンッって沸けるサウンドが。
コーチがセーフ内に引っ込んでくれたのです。
こーりゃゴーゴーだっ。

乗って!ジョッキー!お願い!

これがー、成功したんですようーー。
コーチをセーフ内にぐぐぐーっと。

たいへんゴキゲンなのでありました。

と、ともに一抹の不安。
「タンク、こないよね。。」

こういう不安はたいてい当たるものです。
「次のTankは君だ」コール。

ゴーカート場の中でわいたんだっけか、なんか撃たれるもんで、
あわてて外へ。

私が1匹目だから、落ち着いてオブジェクトを上げよう。
まーずはコンテナ側に一回ぽーんして隙間空けたら、
上向いてボーンだっ!

高い弧を描いて、クリーンボックスは屋根の上へ。


ウホッ




1回で成功したことなんて記憶にないんですけどっ!
んで、自制切れで交代。

いそいそと、屋根上確認にカメラを動かします。



あ・・・れ・・・?


ないの。ゴミ箱ないの。
いくらなんでもまだ消えちゃう時間にはならないの。なのにないの。

したらよう、向こう側にコロコロ落ちてったらしいんだ。

ちぇい。
ごめんよ、もうちょっと使える位置に置けてたなら。

こーれも練習だのうー。

オブジェクトがあるってだけで、そっち側に行きたくなくなるだろうし、
タンクの動きやすさが違うよねぇ。



えへへ。いいとこばっかり覚えているみたい。^^



いつ見れるのか、という問題ははらみつつ、
レコードするのもよさそうだのう。

涙をこらえながら振り返る必要がありそうです。



ハンターのカーブしながら飛ぶ練習をするのに、
いい目安が見つからなくて苦戦していたのですが、いいことを聞きました。
ダカニフィナーレの篭り位置の隣にある建物。
ここの窓から飛んで、テントの前位置に出るにはカーブが必要なので
スタートと着地点ってことで練習するのによさそうです。

どっからきたのこのハンター!っていうのは、そういうカーブとかで
飛んできているんだな、と。

引き続きコソ練習は継続してまいりますので、
フレンズの皆様、また野良の皆様、よろしくお願いいたします。



仕事中に書く長さじゃないな。これ。





プロフィール
かのこです。

L4D2をやっています。
プレイ時間と腕前のギャップに定評があります。基本の知識がなってないみたいです。

最近、このままじゃ遊んでくれる人がいなくなりそうな気がするので、焦って練習をしていますが、一朝一夕にはいかないようではがゆいところ。

ごめんなさい。でも、あたい、やめない!
steam ID
道連れライター
miaさん。
どうもどうもmiamiaと申します。

いるだけで負け確、勝率3割いるだけで罪と罵られながらも、日々ゾンビを殺めております。
特技はすぐ立ち直ること。
立ち直ったところを起き上がりジョッキーもってかれて豚くらってスピふんじゃうドMプレイヤー。
最新コメント
押したらだめ。
記事検索
QRコード
QRコード
ブログランキング
人気ブログランキングへ



PCゲーム全般・攻略ブログ
  • ライブドアブログ